変わりゆく、日本におけるリタイアメントに影響を与える3つの要因

変わりゆく、日本におけるリタイアメントに影響を与える3つの要因

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

変わりゆく、日本におけるリタイアメントに影響を与える3つの要因
関連記事:
Calendar2018/06/12

リタイアメントは世界的に変化しています。これは数十年にわたり、終身雇用制と国の年金が実質保証されてきた日本には特に当てはまります。 しかし、21世紀は日本とそこに暮らす人々のライフスタイルに多くの変化をもたらしました。 結果として、現代の労働力も進化しています。

企業は終身雇用を廃止しつつあります。その慣習が企業に重荷を課すためです。若い人々は安定性と給与だけでなく、プロとして成長するためにどのような支援が得られるか、そして良い条件でリタイアできるかなど、キャリアについてより戦略的に考えています。

先日実施されたマーサーの研究「Healthy, Wealthy and Workwise: The New Imperatives for Financial Security (健康で、豊かに、賢く働く: 経済的安定のための新たな緊急課題)」では、経済的安定性に影響する要因と退職に関する信念について調査しました。12カ国で実施した調査では、6つの年齢集団に属する7,000人の成人および600人の企業/政府幹部職員を対象としました。

この調査の結果、日本では経済的安定性が低く、日本人は他の国の人よりも自分の経済的状況にストレスを感じている可能性が高いと判明しました。

日本人を心配させるのは、経済だけではありませんでした。 健康、富、キャリア、すべての基準において、日本の自信は調査された他のどの国よりも大幅に低いことがわかりました。この主たる原因は、退職に対する古いアプローチです。 つまり、 終身雇用への過度の依存と国の年金制度というセーフティネット 、 これらは現在過渡期にあります。

本誌アプリダウンロード



  PDFダウンロード
変わりゆく、日本におけるリタイアメントに影響を与える3つの要因
*必須項目