将来のリターン:一つのアセットクラスとしての中国A株式市場の分析

将来のリターン:一つのアセットクラスとしての中国A株式市場の分析

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

将来のリターン:一つのアセットクラスとしての中国A株式市場の分析
関連記事:
Calendar21 3月 2019

展望:中国vs成長経済

マーサーのレポート「The Inclusion of China A-Shares in MSCI Indices: Implications for Asset Managers and Investors 」(中国A株のMSCI指数への組み入れ:アセットマネージャーと投資家にとって意味すること では、中国の国内市場がグローバル経済へと開放されることが、なぜ国際的な投資業界及び市場全体に熱狂をもたらしたのかが説明されている。この熱狂に対して、中国とMSCIは慎重に計画された戦略によって注意深くコントロールしており、将来の成長のためのフレームワークを構築しながら計画を実行している。初期段階では株式の時価総額のほんの5%に過ぎない226の銘柄しか採用されておらず、これは、この新時代が認められるにはじっくりと長期的な考え方が必要なことを表していた。この慎重なアプローチはこの地域の競合する成長経済にとっては歓迎すべきニュースかもしれない。

中国のA株(国内アセット)の国際市場への段階を踏んだ公開にもかかわらず、MSCI指数への組み入れは、グローバルな経済的見通し、特に新興経済への影響という面において、大きなインパクトを与えるだろう。例えば、中国A株の5%組み入れと、そして100%組み入れとにおいてMSCI指数がどのように変わるかを見てみよう。インドや台湾、韓国のような成長経済は、中国の国内市場がグローバル指標に組み入れられることによりネガティブな影響を受けるかもしれない。もしも、投資家たちが成長市場から中国A株という新たな機会へと焦点を移す場合は特にそうだ。

(出典:MSCI)    

変化というものはいつも、ブレイクスルーや障害物、そして未知への不安といったものをはらんでいるものだ。将来のことを100%正確に予測することは誰にもできないが、中国がグローバル経済において新しいステータスとなることによる機会や課題を、そしてそれが株式投資家にとってどのような意味を持つのかを、一緒に分析してみよう。    

 

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目