グレーターベイエリア構想:共通の利益を通じて地域を結ぶ

グレーターベイエリア構想:共通の利益を通じて地域を結ぶ

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

グレーターベイエリア構想:共通の利益を通じて地域を結ぶ
関連記事:
Calendar27 12月 2018

文化的そして経済的な違いを調整する

GBA内の11の市に、集団グループの利益を優先しながら地域のビジネスの目標を追い求めるよう説得するためには、ある種の情報に精通したそつのない統治が必要だろう。法律や経済、技術、労働力、そして地理的に複雑な主導権を調整するには色々な障害があるだろう。GBA地域の企業は革新的な考え方に対してオープンでなければならない。リーダーや政策立案者は、ジョイントベンチャーや戦略的パートナシップから合併・買収まで、様々な戦略やビジネスモデルを探求する必要がある。各地域がこれらの課題を長期的な成功を目指して受け入れなければならない。

 

GBAが求める協力と透明性の範囲は多岐にわたる。包括的な枠組みにおいては、労働力の移住の適法性や環境政策から、計画発展の基準や運営の規格にいたるまでの、あらゆることで起こる争いを解決する好ましい方法を確保している。しかし、今日、この複雑なリレーションシップはほとんど理屈上のものだ。なぜなら、GBA地域全体の多くの企業が文化の、そして規制や運営上の違いの中をそれぞれに進み続けているからだ。クロスボーダー人材に直接影響を与えるような主要なプロセスを統合するには時間がかかるだろう。例えば、香港で働く中国本土のスタッフは時々、ビザの延長を待つために数日、時には数週間も深センや広州から動けなくなることがある。こういった例は、GBA構想の成功における人的資本の役割を示している。結局のところ、地理的境界や文化を超えて人的資本をどうやってやりくりするかの答えを見つけ出すことが重要になるだろう。

こういった現実に取り組むために、多くの多国籍企業が、香港大学で学んだ中国本土の卒業生を採用することが増えてきている。こういった卒業生たちは両方の市場の文化に詳しく、GBA関連の仕事に就きやすい。さらに、多くの企業が、全く異なって定着した政策により引き起こされる混乱を何とかしようと積極的に動いている。給与や課税制度、医療給付や、従業員やその家族が得られる教育の質などの違いだ。給与や機会の公正な分配は、GBA地域内での人材の自由な移動を保証するために絶対必要なものだ。

 
  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目