経済成長の中で、医療の未来を脅かすサイバー犯罪の脅威とその実情 

経済成長の中で、医療の未来を脅かすサイバー犯罪の脅威とその実情 

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

経済成長の中で、医療の未来を脅かすサイバー犯罪の脅威とその実情 
関連記事:
Calendar07 2月 2019

医療コミュニティ、サイバーセキュリティのプロたち、そして政府は、頑固に偏在し続けるサイバーハッカーへの対処法を模索する上で、次の5つの事実を認識する必要があります。

1. 医療は、標的にされているという事。

2018年7月、ランサムウェアはシンガポール最大の医療施設であるSingHealthを標的にし、患者150万人分の情報を盗み出しました。シンガポールのリー・シェンロン首相も具体的なターゲットにされ、プロフィールも盗み取られました。このようなランサムウェアによる攻撃が医療施設中で蔓延しているため、施設側も包括的な防御策の実施に追われています。長きに渡り、銀行強盗と銀行が行ってきたように、サイバー犯罪と医療施設が互いに裏をかいて出し抜くようなことを続ければ、このような傾向はますますエスカレートしていくことでしょう。2

2018年7月、ランサムウェアはシンガポール最大の医療施設であるSingHealthを標的にし、患者150万人分の情報を盗み出しました。シンガポールの首相のリー・シェンロンも具体的なターゲットにされ、プロフィールも盗み取られました。このようなランサムウェアによる攻撃が医療施設中で蔓延しているため、施設側も包括的な防御策の実施に追われています。長きに渡り、銀行強盗と銀行が行ってきたように、サイバー犯罪と医療施設が互いに裏をかいて出し抜くようなことを続ければ、このような傾向はますますエスカレートしていくことでしょう。2

2. ハッキングが生死を左右することもある。

昨今の健康情報の漏洩問題で一番の脅威になっているのは、データの保護や可用性に対する妥協です。ここに妥協があることで、患者の安全や健康に害を及ぼす可能性や、保護医療情報(PHI)の喪失、データへの不正なアクセスといったリスクが生まれているのです。2013年、ワシントンポスト紙は、チェイニー副大統領の医師たちが、副大統領の心臓移植の際に埋め込んだ機器が、テロリストによりハッキングされる可能性があるとして、その無線機能の無効化を命じたと報告しています。3

医療業界におけるサイバー犯罪は、医療機関の財務的な損失よりも、そのブランド・エクイティに多大な影響を及ぼすことは、ほぼ間違いありません。 医療機関が個人の重要な健康情報にアクセスできない恐怖は、大きな不安を生むのです。そしてこの不安は、部分的に情報に価値と力を与える要因にもなっています。データセキュリティ違反は、患者の健康に直接影響を及ぼし、患者を死に至らしめることさえあります。 医療記録が破壊されたり、重要な医薬品の処方箋が盗まれると、それが死傷者を出すことさえあるのです。サイバー犯罪者は情報を盗むことで、人々の恐怖心を操り、盗んだ資産を思いもよらない方法で利用します。これらの犯罪は、生命を脅かし、一夜にして世界中を恐怖に貶め兼ねないものなのです。  

3. 情報漏洩は回避できないものであり、内部不正が起きている可能性も。

サイバーハッカーが金銭的な利益を得られる可能性は甚大です。そして意外なことに、医療業界の企業の70%以上は、金銭目当てのサイバー犯罪が起きる可能性を見越しています。 しかしながら、一般的に私たちが思っているような、サイバーハッカーたちが密かに暗いアパートに忍び込んで作業しているイメージや、国家がスポンサーするハッカーグループのメンバーたちが間仕切りされた作業スペースの前に列を作っているといったイメージは、ハッカーたちの実態のほんの一部でしかありません。なぜなら、医療機関に大きな脅威をもたらしているのは、内部関係者の場合があるからです。社員もみんな人間です。不満を抱いている人や、経済的に困っている人、単に自分の行動がセキュリティプロトコルにどれほどの影響を与えるかを意識していない人もいます。いずれにしても、こうした理由から組織は内側から腐敗していくのです。 機密情報のセキュリティクリアランスが操作できたり、情報へのパスワードやアクセスを持てることは、下心のある社内の従業員にとって、あまりにも魅力的なことであるのかもしれません。

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目