グローバル化を再考する時が来た?

グローバル化のメリットは数多くありますが、最近の政治の動きの中で、良い結果をもたらす影響ばかりではないことが明らかにされました。この記事では、グローバル化の影響を精察し、グローバル化の規模を縮小することの賛否について論証します。

国際貿易量は減少し、所得格差は拡大し、移民政策は攻撃対象となり、ナショナリズムが台頭しています。国際金融業界でグローバル化を放棄すべきだと主張する人はほとんどいませんが、その影響を見直して政策に必要な修正を加えることについて立論することはできます。

グローバル化を再考すべきだとする主張

グローバル化は勝ち組と敗け組を生み出しますが、近年では勝ち組よりも敗け組の方が数で勝ります。米国世帯の大多数で過去10年間に所得の減少があったことを示すマッキンゼー社の調査について知る人は多く、また、所得分配が不均等で富裕層に集中していることも周知の事実です。上位1%の富裕層が米国の富の40%を所有しているのに対して、80%の人が所有するのがほんの7%であるとのオバマ大統領の2014年の発言はよく知られています。

これが根本的に重要であるのは、所得格差が社会の健全性を損なうからです。富の再分配は、社会的結束の最大の単一決定要因であり、健康と福祉の向上に向けたすべての対策と密接に関連します。

 

グローバル化を再考する必要はないとする主張

確かに世界経済は課題に直面しています。しかし、グローバル化は、大衆迎合主義の政治家によって見せしめのように利用されています。実際には、諸悪の根源ではなく、善を促進する力なのです。

歴史が示すように、1870年から1913年の第一次世界大戦勃発までの間に、GDP (グローバル化の度合を示す測定基準)に対する世界貿易額は二倍になっています。二つの世界大戦の間に、脱グローバル化の時代、そして大恐慌がありました。国際貿易が、政治的緊張を緩和し、大規模な戦争が発生する確率を減らすことは、史実の示すところです。

グローバル化:投資家に対する影響

グローバル化の悪影響を軽減する措置を講じることになっても、あるいはこのままグローバル化が進んでも、投資家がポートフォリオの目的を維持するために取ることができる行動がいくつかあります。

記事全文をダウンロードして、グローバル化を推進する政策についての賛否の詳しい論拠、ならびに世界経済情勢の変化から各自のポートフォリオを保護する方法についてお読みください。

Dave Stuart
by Dave Stuart

Chair of Global Dynamic Asset Allocation and Chief Strategist for Mercer Funds, Pacific

Dave Stuart, Chair of Global Dynamic Asset Allocation and Chief Strategist for Mercer Funds, Pacific

Andrew Kirton
by Andrew Kirton

Global Chief Investment Officer