マーサーの成長市場におけるアセットアロケーション動向調査の主な要点: 進化する状況 2019 年版 | Mercer 2019

マーサーの成長市場におけるアセットアロケーション動向調査の主な要点: 進化する状況 2019 年版 | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

マーサーの成長市場におけるアセットアロケーション動向調査の主な要点: 進化する状況 2019 年版
関連記事:
Future Returns: Analyzing China’s A-Share Market as an Asset Class
Calendar02 9月 2019

ラテンアメリカ、中東、アフリカ、アジアは経済成長と人口動態、投資市場、規制の変化を背景に、世界で最もエキサイティングな市場の一部となっています。

マーサーの成長市場におけるアセットアロケーション動向調査: 進化する状況レポート」では、そのうち 14 の市場の年金基金について現在の投資ポジションおよび過去 5 年間の変化を調査しています。この調査には、南半球と東半球の市場全体で約 5 兆ドルの年金基金が含まれています。

世界銀行によると、これらの地域の経済によって世界の成長の約 70% がもたらされるため、資産の所有者、管理者、投資家に対して興奮を誘う機会が提供されています。消費と貯蓄のさまざまなパターンを生み出す中産階級の急速な拡大も観察されています。さらに、世界の機関投資家の上位 50 社のうち半数がこれらの市場に本拠を定めています。1

ますます堅調になりつつある世界の投資環境

ラテンアメリカ、中東、アフリカ、アジアの経済規模は大きく、成長していて、個人が保有する富の割合が増えているため、世界中の投資家にとって特に注目の的となっています。これらの市場はまた、外国人投資家にますます門戸を開いています。同時に、これらの地域における規制の変更により、国内投資家の選択肢が広がり、自国の市場外で投資できるようになっています。その結果、投資環境はオープンで安定したものになっており、世界中の投資家にはますます機会の扉が開かれています。    

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目