リーダーシップ、ストレス、およびセルフケアの重要性 | Mercer 2019

リーダーシップ、ストレス、およびセルフケアの重要性 | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

リーダーシップ、ストレス、およびセルフケアの重要性
関連記事:
リーダーシップ、ストレス、およびセルフケアの重要性
Calendar17 10月 2019

マネジメントに関する責任でストレスを感じていますか?そう感じているのはあなただけではありません。最近の調査で、仕事で経験するストレスレベルが対処可能だと考えているリーダーとマネージャーはわずか 67% であることが判明しています。残りの 3 分の 1 は自信がない、圧倒されていると回答しています。ほぼ同率でワーク・ライフ・バランスを保つのに苦労している人もいます。質の高い仕事をするのに十分な時間が得られていると感じているのはリーダーとマネージャーの半数にすぎず、仕事を仕事として割り切ることができると感じているのは 48% のみです。これらの結果は、経営陣やマネージャーの 3 分の 1 から半数が仕事上の課題に対処するのに苦労していることを示しています。

このような統計を目の当たりにしても、肩をすくめてため息をつくだけの人もいます。「仕事にストレスはつきものではないでしょうか?」この考え方は危険な敗北主義者の観点であることを示す研究結果が増えています。ストレスに関連する健康上のリスクとは別にしても、リーダーの体調が悪かったり、身体的または精神的に疲れ切っている場合に、職場の機能不全を生じさせるいくつかの力学があります。

たとえば、バーバラ・フレドリクソン博士は、ネガティブな感情は「戦うか逃げるかすくむ」マインドセットの中に人々を閉じ込め、創造的に考えたり、革新的なソリューションを開発する能力を制限することを発見しています。ヤンネ・スカコン氏と同僚1は経営者がストレスに対処する方法が従業員にも伝わり、従業員体験やストレスレベルにも影響が及ぶことを発見しました。そしてマーサー・シロタによる調査では、圧倒されているマネージャーは直属の部下を認めたり、褒めたりする可能性が大幅に低いことが分かっています。

職場で慢性的なストレスがあるなら、経営者や管理者は自己犠牲的な殉教者でなければならないという神話を信じ込むのはそろそろやめましょう。関係しているのは自分の健康と福祉だけではありません。チームの効果性やエンゲージメントもリスクにさらされています。疲れ果てるまで働く代わりに、職務で要求されることを管理するためのセルフケア戦略の立案を始めましょう。次の 4 つのステップについて考えてみましょう。

1.危険な兆候を見分ける

燃え尽きとは、自信喪失や冷淡な態度を伴う、身体的、精神的、感情的に消耗した状態のことをいい、これは深刻な問題です。研究者たちは長期間の燃え尽き症候群が、うつ病、不安症、心臓病、高コレステロール血症、脳卒中および 2 型糖尿病を含む、多くの身体的および精神的な健康問題を引き起こす可能性があることを発見しています。

燃え尽きは怒りっぽくなる、意欲が低下する、食事や睡眠の習慣が変化する、または説明のつかないうずきや痛みなど、さまざまな形で現れることがあります。

詳細については、こちらをご覧ください。

  Speak with a Mercer Coお問い合わせnsultant
お問い合わせフォーム
*必須項目