中国の中流階級が引退後の生活の質を変えることができる

中国の中流階級が引退後の生活の質を変えることができる

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

中国の中流階級が引退後の生活の質を変えることができる
関連記事:
Calendar2018/12/20

変化に適応することの課題

MMGPIでは「十分性」「持続性」「健全性」の3つの指数をもとに各国の年金制度を評価している。これらのデータの包括的な分析により、各国の総合的な指数ランキングを行う。中国は2018年、総合指数で46.2の評価を受けた。ちなみに、オランダとデンマークが最高評価でそれぞれ80.3と80.2、アルゼンチンが最低評価で39.2だ。日本(48.2)、韓国(47.3)そしてインド(44.6)はすべて中国と似たような評価だった。当然だが、これらの成長市場においては、中国でも見受けられるような国内の政策的な課題を抱えている。特に、少子化の進む時代において高齢化する何百万人もの人々への経済的なサポートに関して。

1970年には、中国の平均寿命は59歳だった。今はそれが76.5歳だ。高齢化する中国人労働者はより長生きするようになり、中国の人口統計に劇的な変化をもたらしている。寿命が長くなることにより、国家の年金の財源と、中国の中流階級世代が自分達の前に一生懸命働いてきた両親や祖父母世代を支えるための経済力とが、試されることになる。現在、中国の年金制度は農村の制度と都市の制度とに分けられ、賦課方式の年金を採用している。これらの年金は、プールされた口座(雇用主からの拠出金もしくは財政支出)と従業員拠出による個別の個人口座とで構成されている。都市部によっては、雇用主が企業年金を提供している場合もある。しかしながら、こういった複合的な財源も、中国の高齢化する人口のニーズについていけていない。

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目