オートメーションの新時代を切り拓く | Mercer 2019

オートメーションの新時代を切り拓く | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

オートメーションの新時代を切り拓く
関連記事:
Future Returns: Analyzing China’s A-Share Market as an Asset Class
Calendar25 7月 2019

人工知能(AI)とオートメーションは、世界の多くの業界で主役を演じており、無限の可能性を秘めています。すでにロボットに食べ物を作らせたり、車に運転を任せたりすることもできます。それで、次は何を期待できるのでしょうか?1

このトレンドによる影響は広範囲に及び、一部の産業においては経営方針や従業員の雇用に混乱がもたらされています。この傾向にはますます拍車がかかることが予想されるため、この新時代に乗り出す企業には何が待ち受けているか調べてみましょう。

主要産業における仕事のオートメーション

仕事の自動化はすべての業界でできるわけではありません。業種や企業、職種によっては、オートメーションの導入がしやすい分野があります。たとえば、製造メーカーではこのアプローチを以前から採用しており、機会があれば常に自動化する傾向があります。

たとえば、韓国の産業通商資源部について考えてみましょう。過去数年にわたって工業オートメーションの発展に注力しており、とどまるところを知りません。2これは1つの例にすぎませんが、業界とプロセスの全体的な方向性を表しています。その目標は効率を保ちつつコストを抑えることです。

自動車業界では、製造プロセスで同様の効果を上げているだけでなく、自動運転車を生産することさえしています。テクノロジーによる進化は断続的ですが、「ザ・ヴァージ」によると絶えず洗練されているため、自動車生産が間もなく完全に変わる可能性があることを指摘しています。3

これらの業界は、AIとオートメーション導入のゴールデンサンプルとなっていますが、他の業界ではテクノロジーの重要な機能の導入において苦労しています。ホスピタリティ、フードサービス、およびヘルスケア業界は典型的な例です:これらの業界では多くの人手がかけられており、オートメーションの導入は容易ではありません。サービスの一環としてテクノロジーを導入する機会はあるとはいえ、これらの業界のすべてのクライアントでサービス自動化の準備ができているわけではありません。最近のCNNのニュース記事にその点が指摘されています。4    

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目