Saudi Vision 2030: 国家を改革して世界を変える方法 | Mercer 2019

Saudi Vision 2030: 国家を改革して世界を変える方法 | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

Saudi Vision 2030: 国家を改革して世界を変える方法
関連記事:
Saudi Vision 2030: 国家を改革して世界を変える方法
Calendar17 10月 2019

何十年もの間、サウジアラビアは石油輸出とエネルギー産業に国家的、文化的、経済的に密接に結びついてきました。ただし、Saudi Vision 2030 と命名された大胆な新しいビジョンでは、新しい大規模な改革と政策立案により、化石燃料依存からの脱却を目標としています。このビジョンでは、サウジアラビアの国内外を近代化し、世界的な金融大国となることを目指しています。

変化を受け入れる力

2016 年ムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウド皇太子が発表した Saudi Vision 2030 という国家的プロジェクトでは、急速に変化する世界のリーダーとして台頭するという前例のない並外れたコミットメントが詳述されています。新しい経済の現実を反映して原油価格が変動するにつれ、地政学的な勢力が中東全体の国家の役割と目的を形作るにつれて、変化を積極的に受け入れるというサウジアラビアの決断は国内外で驚くべき波及効果をもたらす可能性があります。

人口 3,340 万人以上で年齢の中央値が 25 歳のサウジアラビアには、大きな挑戦と機会に満ちた未来があります。1Saudi Vision 2030 は、石油が時代遅れで有害なエネルギー源と見られるグローバルな世界で、何百万人もの若い市民が働き、成功する道を国家が示すロードマップとなります。長年にわたって作り上げてきた収益源と経済パラダイムを移行させるためには、地元の労働力のスキルセットを本格的にシフトし、最新テクノロジーに熟練する必要があります。

他の国々が気候変動やその他の地政学的なシフトになかなか適応できないでいる一方、サウジアラビア政府は政策改革により国内外の人々の生活を向上させる方法を世界に示す用意ができています。2

複雑なグローバル経済への対応

Saudi Vision 2030 は、デジタルトランスフォーメーションを活用しつつ、イノベーティブな国内の人材政策の実施を試みるインドなど、経済成長著しい国々に大きな影響を与えるはずです。

実際、サウジアラビアとインドの運命はますます絡み合ってきています。インドは多くの西側諸国とは異なり、力強い経済的成長を推進するために大量の石油を必要としているからです。欧州や米国などの地域の工業化されたマーケットでは、環境に優しい代替交通手段や電気自動車の需要が高まっていますが、インドでは依然として化石燃料に大きく依存しています。2040 年までにインドは、拡大する経済と徐々に都市化する人口を支えるために、毎日最高 1000 万バレルの原油を処理する必要が生じると予想されます。3    

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目