データアナリティクスによる柔軟性の高い福利厚生の変革 | Mercer 2019

データアナリティクスによる柔軟性の高い福利厚生の変革 | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

データアナリティクスによる柔軟性の高い福利厚生の変革
関連記事:
Transforming Flex Benefits With Data Analytics
Calendar19 9月 2019

職場の柔軟性を高めることが一般的になりつつあり、ますます多くの雇用者が多様化した福利厚生を提供し、従業員が自分と家族に最適なオプションを選べるようにすることの価値を認識しています。ただし、一部の雇用者については、柔軟な福利厚生の設計と導入に苦労している様子も見られます。

雇用主が従来型のアプローチを使用して福利厚生を設計し、通知するならばこうしたことが起こります。デジタル時代において柔軟性の高い福利厚生プログラムを導入するには、データアナリティクスとパーソナライズされたコミュニケーションが必要です。

今どきの従業員は、パーソナライズされた福利厚生だけでなく、どのように利用できるかを簡単に教えてくれる分かりやすい案内についても期待しています。どのデバイスからでも、いつでも個人データの分析情報にアクセスできることを望みます。データとテクノロジーを統合することで、企業は「パーソナルコーチ」をオンデマンドで提供できます。    

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目