分裂の時代のアフリカにあるチャンス

分裂の時代のアフリカにあるチャンス

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

分裂の時代のアフリカにあるチャンス
関連記事:
Calendar2018/12/20

異なる国々の大陸

世界中でオンデマンドで経済を共有する中で、アフリカ大陸には古く凝り固まった世界秩序と挌闘する多くの国がある。実際、多くのアフリカの国々は、変化よりもこれまでに慣れ親しんだものを好む。こうした考え方は、アフリカの労働政策の前進を妨げる遺産の問題の影響を長引かせ、政治、経済、そして文化や立法にいたるまであらゆるレベルで影響している。

興味深いことは、立法政策と各国の文化、そして国籍は、従業員の報酬や褒賞といった重要な要素を形作っている。アフリカにおいてはFrancophone(フランコフォン)(現金による複数の手当)と Anglophone (アングロフォン)(給与、ボーナスと福井厚生手当を含む統合されたアプローチ)の2種類の全く異なる支払い構造がある。

例えば、ナイジェリアとケニアを比較すると、支払い構造は大きく違う。 ナイジェリアのフランコフォン形式の市場では、国としては税の恩恵に基づく構造を通して報酬を統合する立法の実施を試みているが、既存の慣行と社員の期待に基づく各種の手当と報酬が要求される。ケニアは、それとは反対に、現金による手当を提供し、給与とその他の福利厚生が統合される本質的にはアングロフォンとして特徴づけられる。

アフリカの労働市場

分裂がアフリカの労働市場にどう影響しているのか?究極的には、目的をもって人を雇用する場合に雇用者側は文化的なニュアンスを考慮して人を採用することが非常に重要である。マーサーの2018年人材の傾向調査(2018 Talent Trends study)では、高い目的感を従業員のための価値提案(Employee Value Proposition)に深く留めることで個人のポテンシャルが解き放たれ、人を変化へと駆り立てることがわかった。目的を見つけるために、従業員は専門知識の開発、学びの機会や実験を渇望する。従業員がこうした動機付けとなることを経験しない場合、他でインスピレーションを探すようになる。実際に南アフリカの39%の従業員は仕事に満足しているが、キャリアの成長とチャンスという観点から転職を希望しているのである。

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目