デジタルトランスフォーメーションの未来について、銀行業界がアフリカから得られる教訓 | Mercer 2019

デジタルトランスフォーメーションの未来について、銀行業界がアフリカから得られる教訓 | Mercer

ライブラリ / Voice on Growth Economies /

デジタルトランスフォーメーションの未来について、銀行業界がアフリカから得られる教訓
関連記事:
Future Returns: Analyzing China’s A-Share Market as an Asset Class
Calendar08 8月 2019

主にデジタルトランスフォーメーションを受け入れる若者たちで構成されるアフリカ大陸のユニークなポジションは、世界中の銀行に未来を垣間見させてくれます。この新しい世代の間では官僚主義ではなく俊敏性が、従来型の応対ではなくオンラインオートメーションが支持されており、人手による非効率、地理的な制約、適応能力の欠如に悩まされることはありません。

事実、アフリカの銀行の顧客の 40% はバンキングニーズにおいてデジタルチャネルの活用を望んでいることが報告されています。1この消費者選好の劇的な変化により、アフリカは変化の最前線に押し上げられ、アフリカの銀行セクターはイノベーションの温床となっています。特に南アフリカ、ケニア、ナイジェリア、コートジボワールにおいて、銀行業務のデジタル化やフィンテックの台頭が顧客や売上、そして未来の銀行従業員にもたらす、かつてない影響や結果に対処する点で先進的な事例が見られています。

モバイル利用とデジタルバンキングの台頭

モバイル利用とデジタルバンキングは密接に関連しています。アフリカではすでにライフスタイルにデジタルチャネルが組み込まれているため、銀行利用者にもデジタルバンキングが好まれています。2017 年、サハラ以南の 90% 以上は 2G ネットワークでカバーされていますが、さらに高度なモバイルブロードバンドネットワークがこの地域で急速に導入されており、そこでは 3 分の 1 のモバイルユーザー (2 億 5000 万人) がスマートフォンを持っています。2

人々はモバイルテクノロジーに慣れており、デジタルプラットフォームが信頼されているため、容易にデジタルバンキングチャネルを導入できます。

  お問い合わせ
お問い合わせフォーム
*必須項目