歴史を振り返ると、私たちは時折前例のないことに遭遇します。2020年はまさにそんな年でした。

 

2021年、正確に今後の成長経路のプロファイルを把握するのは困難を極めます。しかし、大規模なワクチン接種に対する希望が高まるにつれて世界経済は力強く成長し続け、失われた地盤を埋め余せると予想されています。政府は、消費者と企業を共に支援する政策を継続する可能性があります。また、中央銀行は見る限り支援的であり、容易な財政状態を通じて経済活動を支えると期待されています。

大きな不確実性の1つは、これら経済がウイルスに感染しなかった場合の状態に戻るか否かに関係します。言い換えると、先進国経済に恒久的な損害があるのか。それを答えるには早すぎる、といえるでしょう。債務の増加は今後数年間にわたり経済を抑制する可能性がありますが、テクノロジーの利用と新規開発のスピードは、最終的には経済を後押しする可能性があります。恒久的な被害があるかどうかに関係なく、経済が回復した時には景色が異なって見えるはずです。 いくつかのセクターおよび企業が勝ち進めば、他のいくつかは敗北していくでしょう。 COVID-19のシャットダウンから生じる長期的な影響の一つとして、構造変化の加速が考えられます。

 

 

コンサルタントにお問合せください

 

2020年が2021年をどう形作るか、その世界的かつ地域独自の経済的影響、市場の視点、そして投資家が来年に向けてどのように準備できるかについては議論の余地があります。


日本では、これらの投資一任サービスを含むソリューションについては、マーサー・インベストメンツ株式会社よりご提供しています。

 

 

お問い合わせ・ご質問は直接マーサーのコンサルタント、あるいは下記フォームよりお願いいたします。

 

 

View our Important Notices

'The road to recovery - Market outlook 2021' (英文)ダウンロードフォーム