2018年 男女格差の分水嶺 ~変革のスピードを上げるために~

2018年 男女格差の分水嶺 ~変革のスピードを上げるために~

2018年 男女格差の分水嶺 ~変革のスピードを上げるために~

女性が活躍する時、事業や社会も躍進する

「女性が活躍する時ビジネスも躍進する」と題した調査の開始から4年が経ち、転換期を迎えています。世界経済フォーラムの年次世界男女格差レポートは、ここ数年間の女性の経済的地位の悪化を示しており、また最近は男女格差是正問題が注目を集めています。この機会を捉えるのか、それとも女性の社会進出の好機を逃がすのか、今が選択の時なのです。



2018年男女格差の分水嶺~変革のスピードを上げるために~では、女性の活躍の鍵をより深く理解し、組織がその道のりを転換または改善するための具体的な手順を特定しています。職場における女性の未来の全容を、進出を妨げる逆風から、持続可能な改善に向けておおいに希望を持たせる加速要因まで、包括的に論じています。

組織において男女平等を推し進めるのに必要な変更を導入するには、コミットメントが必要で、また時間もかかります。マーサーが社内外の組織でこの課題に取り組み始めた時、意義のある結果を出すまでには何年もかかるであろうことがわかっていました。一部で達成された良い結果は喜ばしくはあるものの、女性の成功にとって真の糧となるにはまだまだ長い道のりです。そのためには、先を急ぐ気持ちを持ちながら、注目を集め、声をあげ、行動して、やり通さなければなりません。 

動画(英語) -今年度のリサーチの目的と焦点について動画でご覧下さい。

現在のジェンダー多様性における環境と動きは、組織が今前進するための、他にはない機会と土台を提供します。そこで必要となるのは:

  • データと分析 女性の活躍に向けたあらゆる決定の基礎となり支援となります。
  • 勇気あるリーダーシップ 組織の全ての階層が女性の成功を促進することにコミットしていること。
  • 包括的な整合性と連携 変更の実施のすべての面が相互に強化しあい、進展を加速させていることを確認すること。

組織内の連携のしくみを様々な活動をとおして評価することが、変化を起こし、維持する鍵となります。本年度の調査では、高度な分析、チェンジマネジメント、プログラムと運用の仕方に加えて、断絶しがちな活動をしっかりと捕らえて繋げる組織構造を作り出すことの重要性を取り上げました。次の事柄が有機的に繋がっていない、もしくは統一されていなければ、効果的に変化を起こす機会を逃してしまいます: 

  • 高度な労働力分析と戦略
  • 賃金の公平性分析と調整
  • 従業員の意欲
  • 福利厚生制度
  • 昇進の仕組み
  • 募集と採用
  • 後継者育成計画
  • ハイポテンシャル人材・リーダーシップ養成プログラム
  • 研修・能力開発
  • ビジネスリソースグループ

世界経済フォーラムにおけるマーサーの「女性が活躍するとき」セッション

世界経済フォーラムにおける、当社の第4回年次集会には、60を超える国々からグローバル組織の CEO、役員、学識者、有力者など150名を超える人々が集まりました。 マーサーの社長兼 CEO、フリオ ・ ポルタラティン及び2名のパネリストからの熱い基調講演では、信頼の風土を作ること、制度の利用拡大を優先すること、男性との協力によって変化を起こすこと、そして制度上の障害に対処するためにデータ、分析、技術を活用することでいかに女性の進出を促進できるかに焦点をおいた議論が展開されました。 

  「2018年 男女各差の分水嶺~変革のスピードを上げるために~」白書(英文)をダウンロードする。
以下の詳細情報を入力していただきますとメールでレポートが配信されます。ポップアップブロッカーが無効の場合、レポートをダウンロードするか新しいウィンドウで表示するかを尋ねるメッセージが表示されます。
*必須項目