組織マネジメント診断 - 組織・人事変革コンサルティング | マーサージャパン

組織マネジメント診断 - 組織・人事変革コンサルティング | マーサージャパン

組織マネジメント診断



/content/dam/mercer/1000x282/people-related/img-FL000203-1000x282.jpg

 

 マネジメント上の課題は、個人・集団に関わる様々な要因が複雑に絡み合って発生するのが常です。
 「生物」である組織の本質をつかむことなく設計された施策は、課題を解決することができないばかりか、長年かかって築き上げてきた組織そのものを短期間に崩壊させるという副作用を生むこともあります。「組織マネジメント診断」は、経営視点から、組織内のマネジメントの実態を可視化し、組織課題の構造を明らかにするとともに、従来の社員意識調査では分からない解決策の方向性を抽出するソリューションです。

組織の可視化の必要性
 経済の先行きが見えない中、マネジメントが直面する課題は、ますます困難さを増しています。特に、「社員の考えが見えない」「打ち手が成果に結びつかない」など、余裕が無い状況で「打ち手」の精度を上げる必要性が高まっています。

 「打ち手」を確実に成果に結びつけるためには、まず、組織で起こっていることを包括的に把握し、つぶさに「見る」ことが有効です。

 

組織マネジメントに関する最近の課題
「社員の考え」が見えない
  • 成長によって組織が拡大
  • M&Aなどによる事業・組織が統合
  • グローバル化
  • 社員の多様化

「打ち手」が成果に結びつかない
  • ビジョンが浸透しない
  • イノベーションが起こらない
  • 不祥事、品質事故がなくならない
  • 優秀な人材の離職が続く
  • 人材が育たない
組織で起こっていることを包括的に可視化し、「打ち手」の精度を上げる必要性が高まっている

  1. 戦略テーマの実現に必要な組織マネジメントと現状とのギャップの把握
  2. 原因発生構造の把握
  3. 解決策の優先順位付け

 

マーサー組織マネジメント診断の特徴
仮説検証型アプローチ
マーサー「組織マネジメント診断」の最大の特徴は、仮説検証型アプローチにあります。
これは、まず、組織マネジメント上の課題およびその発生メカニズムの仮説を構築し、その後、社員への意識調査を通じてそれらの検証を行うものです。あらかじめ設定された課題仮説の検証を行うことで、
具体的に、
「どの部署のどの階層のマネジメントにどれくらい問題があるのか?」
「どのような人たちの意識が弱いのか、その理由は?」
「上から下への伝達がどこでとぎれているのか、その理由は?」
「部門間、部門内の横の連携は、どこで弱まっているのか、その理由は?」
「なぜ社員が疲弊しているのか?」
「なぜ社員の頑張りが組織の力に結びつかないのか?」
「ビジョンや企業理念を浸透させるためには、どうすればいいのか?」
「社員の満足度を上げるためには、どんな施策が最も有効なのか?」
などの疑問に答える課題の構造と結節点を明らかにし、具体的な施策を引き出すことが可能です。



マーサーでは、「組織マネジメント診断」以外にも複数の意識調査手法を用意しており、クライアントの要望に応じた最適な手法をご提供しています。



組織マネジメント診断の3つの成果

 

組織特性と
変革の許容度の把握
自社のマネジメントの特性を【1】会社のマネジメント、 【2】所属部署のマネジメント、【3】社員のセルフマネジメント、の3つの観点から包括的に課題を把握することにより、変革の許容度を推測することができます
  
組織課題の構造化
現在の組織のどの部分に課題があるかを特定し、マネジメントのコアとなるビジョンや経営の基本方針のレベルにまで遡って、その課題が発生する構造やメカニズムを把握することができます
  
今後の組織マネジメントの
方向性の抽出
組織課題の解決に必要な今後のマネジメントの方向性を明らかにし、そこから戦略実現のために効果的な組織マネジメントの具体策(仕組み・プロセス・制度)の検討につなげることができます



組織マネジメント診断プロセス

 

経営層、キーマンを中心としたインタビュー及び各種資料から、課題の仮説を構築し、それを検証する質問項目を設計します 調査結果とコメント等から、統計的手法(重回帰分析)を用い、課題が発生する原因構造・根本課題を明らかにします 根本課題を解決する施策の方向性を経営の視点から抽出します

 

グローバル組織診断のご案内
 マーサーでは、「組織マネジメント診断」を初めとした複数のグローバル対応が可能なサービスを用意しております。クライアントのニーズに合わせ、日系企業海外拠点の制度と運用の一貫性を分析する「DOCTOR(ドクター)」や、従業員のエンゲージメントサーベイ「What’s WorkingTM (ワッツワーキング)」もご提供しています(複数言語に対応可能です)。

 

組織マネジメント診断
成果物イメージ
経営視点から、組織内のマネジメントの実態を可視化し、組織課題の構造を明らかにするとともに、解決策の方向性を明らかにします
主に調査結果を“施策”に結び付けたい、社員目線ではなく経営目線の調査がしたい、課題発生の構造を知りたい、他社比較ではない自社の問題を知りたいというニーズにお応えしています
会社のマネジメント、所属部署のマネジメント、社員のセルフマネジメントの3つのレベルから課題の所在を特定し、構造化します
DOCTOR (ドクター)
海外拠点におけるマネジメントの実態を明らかにし、グローバル化、あるいは現地化推進に向けた課題の抽出、優先順位付けを行います。 また、海外拠点内のマネジメント層とローカル社員の意識ギャップを明らかにし、現地の状況を本社から把握することも可能です。
必要最小限のコストで最大の効果、アウトプットが得られるよう工夫された質問票から「ファクトレポート」と、「アナリシスレポート」が作成されます
What’s WorkingTM (ワッツワーキング)
従業員の満足度やエンゲージメントの状態を明らかにします。また、各国別のレポートが出版されており、ベンチマークの設定が可能です。 主にグローバル企業における、労働環境水準調査、従業員のエンゲージメント調査として、また、企業理念浸透施策におけるモニタリング手法としてのニーズにお応えしています。

What’s WorkingTM 海外サイトはこちら
人、労働環境、報酬、情報・知識、経営構造、意思決定の6つの要素から構成される質問票は実施対象の所在地(国)、従業員数に応じ設計されます
/content/dam/mercer/1000x282/conceptual/img-FL000218b-1000x282.jpg

 

サービス詳細

 

 マネジメント上の課題は、個人・集団に関わる様々な要因が複雑に絡み合って発生するのが常です。
 「生物」である組織の本質をつかむことなく設計された施策は、課題を解決することができないばかりか、長年かかって築き上げてきた組織そのものを短期間に崩壊させるという副作用を生むこともあります。「組織マネジメント診断」は、経営視点から、組織内のマネジメントの実態を可視化し、組織課題の構造を明らかにするとともに、従来の社員意識調査では分からない解決策の方向性を抽出するソリューションです。

組織の可視化の必要性
 経済の先行きが見えない中、マネジメントが直面する課題は、ますます困難さを増しています。特に、「社員の考えが見えない」「打ち手が成果に結びつかない」など、余裕が無い状況で「打ち手」の精度を上げる必要性が高まっています。

 「打ち手」を確実に成果に結びつけるためには、まず、組織で起こっていることを包括的に把握し、つぶさに「見る」ことが有効です。

 

組織マネジメントに関する最近の課題
「社員の考え」が見えない
  • 成長によって組織が拡大
  • M&Aなどによる事業・組織が統合
  • グローバル化
  • 社員の多様化

「打ち手」が成果に結びつかない
  • ビジョンが浸透しない
  • イノベーションが起こらない
  • 不祥事、品質事故がなくならない
  • 優秀な人材の離職が続く
  • 人材が育たない
組織で起こっていることを包括的に可視化し、「打ち手」の精度を上げる必要性が高まっている

  1. 戦略テーマの実現に必要な組織マネジメントと現状とのギャップの把握
  2. 原因発生構造の把握
  3. 解決策の優先順位付け

 

マーサー組織マネジメント診断の特徴
仮説検証型アプローチ
マーサー「組織マネジメント診断」の最大の特徴は、仮説検証型アプローチにあります。
これは、まず、組織マネジメント上の課題およびその発生メカニズムの仮説を構築し、その後、社員への意識調査を通じてそれらの検証を行うものです。あらかじめ設定された課題仮説の検証を行うことで、
具体的に、
「どの部署のどの階層のマネジメントにどれくらい問題があるのか?」
「どのような人たちの意識が弱いのか、その理由は?」
「上から下への伝達がどこでとぎれているのか、その理由は?」
「部門間、部門内の横の連携は、どこで弱まっているのか、その理由は?」
「なぜ社員が疲弊しているのか?」
「なぜ社員の頑張りが組織の力に結びつかないのか?」
「ビジョンや企業理念を浸透させるためには、どうすればいいのか?」
「社員の満足度を上げるためには、どんな施策が最も有効なのか?」
などの疑問に答える課題の構造と結節点を明らかにし、具体的な施策を引き出すことが可能です。



マーサーでは、「組織マネジメント診断」以外にも複数の意識調査手法を用意しており、クライアントの要望に応じた最適な手法をご提供しています。



組織マネジメント診断の3つの成果

 

組織特性と
変革の許容度の把握
自社のマネジメントの特性を【1】会社のマネジメント、 【2】所属部署のマネジメント、【3】社員のセルフマネジメント、の3つの観点から包括的に課題を把握することにより、変革の許容度を推測することができます
  
組織課題の構造化
現在の組織のどの部分に課題があるかを特定し、マネジメントのコアとなるビジョンや経営の基本方針のレベルにまで遡って、その課題が発生する構造やメカニズムを把握することができます
  
今後の組織マネジメントの
方向性の抽出
組織課題の解決に必要な今後のマネジメントの方向性を明らかにし、そこから戦略実現のために効果的な組織マネジメントの具体策(仕組み・プロセス・制度)の検討につなげることができます



組織マネジメント診断プロセス

 

経営層、キーマンを中心としたインタビュー及び各種資料から、課題の仮説を構築し、それを検証する質問項目を設計します 調査結果とコメント等から、統計的手法(重回帰分析)を用い、課題が発生する原因構造・根本課題を明らかにします 根本課題を解決する施策の方向性を経営の視点から抽出します

 

グローバル組織診断のご案内
 マーサーでは、「組織マネジメント診断」を初めとした複数のグローバル対応が可能なサービスを用意しております。クライアントのニーズに合わせ、日系企業海外拠点の制度と運用の一貫性を分析する「DOCTOR(ドクター)」や、従業員のエンゲージメントサーベイ「What’s WorkingTM (ワッツワーキング)」もご提供しています(複数言語に対応可能です)。

 

組織マネジメント診断
成果物イメージ
経営視点から、組織内のマネジメントの実態を可視化し、組織課題の構造を明らかにするとともに、解決策の方向性を明らかにします
主に調査結果を“施策”に結び付けたい、社員目線ではなく経営目線の調査がしたい、課題発生の構造を知りたい、他社比較ではない自社の問題を知りたいというニーズにお応えしています
会社のマネジメント、所属部署のマネジメント、社員のセルフマネジメントの3つのレベルから課題の所在を特定し、構造化します
DOCTOR (ドクター)
海外拠点におけるマネジメントの実態を明らかにし、グローバル化、あるいは現地化推進に向けた課題の抽出、優先順位付けを行います。 また、海外拠点内のマネジメント層とローカル社員の意識ギャップを明らかにし、現地の状況を本社から把握することも可能です。
必要最小限のコストで最大の効果、アウトプットが得られるよう工夫された質問票から「ファクトレポート」と、「アナリシスレポート」が作成されます
What’s WorkingTM (ワッツワーキング)
従業員の満足度やエンゲージメントの状態を明らかにします。また、各国別のレポートが出版されており、ベンチマークの設定が可能です。 主にグローバル企業における、労働環境水準調査、従業員のエンゲージメント調査として、また、企業理念浸透施策におけるモニタリング手法としてのニーズにお応えしています。

What’s WorkingTM 海外サイトはこちら
人、労働環境、報酬、情報・知識、経営構造、意思決定の6つの要素から構成される質問票は実施対象の所在地(国)、従業員数に応じ設計されます

レポート

 

関連サービス

 

お問合せ