駐在員医療保障の重要性の高まり

新型コロナ感染の世界的な拡大を受け、「駐在員医療保障」の重要性が増しています。マーサージャパンで駐在員処遇や海外医療保険に関する豊富な知見をもとに、「駐在員医療保障の最適化」をご支援しています。

見直しの視点 ~ こんな企業様にお勧めします

  • 新型コロナ等で厳しい環境に置かれている駐在員のため、安心枠組み(医療保障)を充実させたい。
  • 各国の駐在員医療保障への本社関与を強化したい。赴任地による格差を是正したい。
  • 入国時に医療保険への加入証明を要件化する国が増えている。よりグローバル標準に近い保険を採用したい。
  • 本社での医療費還付制度の事務負荷を軽減したい。日本の健保への海外医療費請求をやめたい。
  • 厳しいビジネス環境を踏まえ、コストコントロールを進めたい。駐在員の一部医療費自己負担を制度化したい。
  • 海外から日本/海外から海外への赴任、三国間移動する際の医療保障枠組みを整備したい。

今求められているグローバル医療保障とは

提供サービス

 

■ 駐在員医療保障診断コンサルティング

現行の駐在員医療保障内容/総コストの可視化と、グローバルで利用されている医療保障と比較・水準検証を行うコンサルティングサービスです。


◇ 内容

 

  • 既存医療保障枠組みとの比較レポートの作成(総コスト可視化・水準検証)
  • グローバル企業が利用している医療保障との比較/検証
  • 最適化に向けたレコメンデーション
  • 海外拠点からの情報収集サポート(英語コミュニケーション)
その他お問い合わせ

「詳しい説明を聞きたい」「大まかな予算感を知りたい」等お気軽にお問い合わせください。

*必須項目