Japanese Business Advisory - コンサルティング事例

Japanese Business Advisory - コンサルティング事例

What We Do

Mercer Asia Japanese Business Advisory (JBA)

コンサルティング事例

ASEANにおけるオーナー企業の買収
  • クライアント(日系メーカー)は、フィリピンの同業を買収。被買収会社は従業員1,000名を数える規模ながら、典型的なオーナー企業であり、社内の管理体制は属人的。買収に関する将来のリスクは未知数という状況

課題

  • 買収に関するリスクと、買収後に生じうる課題の洗い出し
  • 買収後のガバナンス体制構築

マーサーによる支援内容

  • HRデューデリジェンス(DD)
  • 経営者報酬、労働条件のレビュー
  • 経営者のリテンション策の策定
  • ガバナンス体制のレビューと再構築

成果

  • 退職金及び手当の未払い等の違反を指摘し、改善を促すと共に表明保証で担保
  • 経営陣の雇用契約書が存在しないことを指摘。経営陣の雇用条件を明確化するために、案件クローズ時に雇用契約書を締結することを合意
  • CEOや古参メンバーに権限が集中していることを確認。買収後の買主の子会社管理規程導入をクロージング前から経営陣に打診し合意を取得
  • 適切なシステムがない故の杜撰な人員・給与データの管理を買収後のリスクと認識。クロージング後は適切な人材を登用、課題解決を支援

ポイント

  • 現地の人事関連の規制や慣習に精通したローカルのチームが支援に入ることにより、リスクや課題の的確な洗い出しが可能に
  • M&Aプロセスの初期段階から密に案件を支援することにより、買主であるクライアントが譲れないポイントや案件で達成したいことを正確に把握し、それを被買収会社経営陣との交渉戦略に反映して支援

  お問い合わせ
Japanese Business Advisory
*必須項目

JBAについて
 
メンバー紹介
 
過去セミナー
 
コンサルティング事例
 
最新セミナーのご案内

現地化に向けた経営人材の見極めと採用・育成・報酬戦略の立て方 Mercer (Thailand) ・リクルートグループ共催

日時/場所
1) 2019年2月21日(木) 14:00-18:00
(Amata Spring Country Club, Chonburi, Thailand)

2) 2019年2月22日(金) 14:00-17:00
(Q. House Lumpini Building, Bangkok, Thailand)

詳細・お申込み